PTCジャパン 「IoT=PTCに挑戦」 桑原宏昭代表取締役社長

2016年1月20日

7年前に着任した当時、グローバルの売上比率はCAD「PTC Creo」とPLM「Windchill」が5割ずつだったが、日本では8割がCAD、PLMは2割だった。設計で3DCADは使われていたが、3Dデータ活用は進んでいなかった。そこにチャンスを感じ、データ管理と共有をテーマにエンタープライズ向けにPLM導入を展開してきた。 そのかいあってPLMは6年でライセンス売り上げが4倍になり、売上比率もCAD6割に対しPLM4割まで来た。この1~2年はCADのお客さまではない企業がエンタープライズPLMとしてWindchillを選ぶ例も増えている。エンタープライズ系でデータ共有には成功した。今度は設計…