Check !!

富士通 GEの資産管理ソリューション 「Smallworld」提供開始

富士通は、GEが提供するネットワーク型資産管理ソリューション「Smallworld」について、日本国内での販売を開始する。同ソリューションは、電気・ガス・水道・通信などのユーティリティ分野において、地図情報だけを提供する一般的なGISとは異なり、業種ごとに最適化された資産管理機能を含んだパッケージソフトウエア・ソリューション。すでに1300社以上の導入実績がある。

電力事業の送配電設備や、ガス事業の導管設備、通信事業の通信設備など、業種によって管理対象となる設備は異なり、それぞれのアプリケーションが必要となる。同ソリューションは、業種固有の設備資産に最適化されたアプリケーションをパッケージ化し、専用のアプリケーションの開発がいらず、システムの導入・運用にかかる時間、および費用を大幅に削減できる。

また、さまざまな設備をあらかじめ定義したオブジェクトとしてモデル化し、稼働状況や相互の接続関係を認識。さらにGoogleMapsなど地図データを活用し、管理対象となる資産の数が膨大なシステムでも処理速度が低下することなく利用できる。

さらに、さまざまな外部データベースやデータファイルと連携し、仮想的に一つのデータベースとして使えるバーチャル・データベース機能があり、管理対象の設備の保全・運転管理システムや、資材会計システムなどの周辺システムとの連携では、大きな労力とコストをかけずに既存のシステムと連携できる。

オートメーション新聞は、1976年の発行開始以来、45年超にわたって製造業界で働く人々を応援してきたものづくり業界専門メディアです。工場や製造現場、生産設備におけるFAや自動化、ロボットや制御技術・製品のトピックスを中心に、IoTやスマートファクトリー、製造業DX等に関する情報を発信しています。新聞とPDF電子版は月3回の発行、WEBとTwitterは随時更新しています。

購読料は、法人企業向けは年間3万円(税抜)、個人向けは年間6000円(税抜)。個人プランの場合、月額500円で定期的に業界の情報を手に入れることができます。ぜひご検討ください。

オートメーション新聞/ものづくり.jp Twitterでは、最新ニュースのほか、展示会レポートや日々の取材こぼれ話などをお届けしています
>FA・自動化、デジタル化、製造業の今をお届けする ものづくり業界専門メディア「オートメーション新聞」

FA・自動化、デジタル化、製造業の今をお届けする ものづくり業界専門メディア「オートメーション新聞」

オートメーション新聞は、45年以上の歴史を持つ製造業・ものづくり業界の専門メディアです。製造業DXやデジタル化、FA・自動化、スマートファクトリーに向けた動きなど、製造業各社と市場の動きをお伝えします。年間購読は、個人向けプラン6600円、法人向けプラン3万3000円

CTR IMG