ソリッドワークス テクニカルセミナー開催 設計者をソリューションで支援

3次元CADで高いシェアを誇るソリッドワークス・ジャパン(東京都品川区大崎2-1-1、TEL03-4321-3600、鍛治屋清二社長)は10日、ANAインターコンチネンタルホテル東京で「SOLID WORKS WORLD2015」を開催し、ユーザー事例、テクニカルセミナー、同社が提供するソリューションを披露した。

このイベントに合わせてソリッドワークスのジャン・パオロ・バッシCEOが来日。累計ライセンス数300万、教育機関導入数2万9000、アライアンスパートナー700以上というプラットフォームを、携わる人を中心に据えた「エコシステム」に例え、ユーザー事例や最新機能が紹介された。

また、「イノベーションプラットフォーム」として設計の新しいパラダイムシフトも提唱された。プレディクティブ(予測)コンピューティングとして、形状検索機能を実装し、過去に類似の設計がないか、既製品で代替できないかなどの検討に使用し、既存設計資産を活用できるようにする機能や、オプティマイゼーション(最適化)により、加重、応力などをシミュレーションし、仕様を満たしながら材料の節約の最適化を図る機能が将来実装されると発表した。

さらに、オンラインサービス「My SOLID WORKS」として、16年第1四半期に日本語版コンテンツのリリースも公表。ユーザーコミュニティーの力を活用し、オンライン・トレーニング、ネットワーキングサービス、クラウドストレージなどが提供される予定。

同氏は「ソリッドワークスを通じ、カットアンドペーストの支援だけではなく、CADが意味する設計支援を、本来の意味で実現させていきたい」と今後の抱負を述べた。

オートメーション新聞は、1976年の発行開始以来、45年超にわたって製造業界で働く人々を応援してきたものづくり業界専門メディアです。工場や製造現場、生産設備におけるFAや自動化、ロボットや制御技術・製品のトピックスを中心に、IoTやスマートファクトリー、製造業DX等に関する情報を発信しています。新聞とPDF電子版は月3回の発行、WEBとTwitterは随時更新しています。

購読料は、法人企業向けは年間3万円(税抜)、個人向けは年間6000円(税抜)。個人プランの場合、月額500円で定期的に業界の情報を手に入れることができます。ぜひご検討ください。

オートメーション新聞/ものづくり.jp Twitterでは、最新ニュースのほか、展示会レポートや日々の取材こぼれ話などをお届けしています
>FA・自動化、デジタル化、製造業の今をお届けする ものづくり業界専門メディア「オートメーション新聞」

FA・自動化、デジタル化、製造業の今をお届けする ものづくり業界専門メディア「オートメーション新聞」

オートメーション新聞は、45年以上の歴史を持つ製造業・ものづくり業界の専門メディアです。製造業DXやデジタル化、FA・自動化、スマートファクトリーに向けた動きなど、製造業各社と市場の動きをお伝えします。年間購読は、個人向けプラン6000円、法人向けプラン3万円から(いずれも税抜)

CTR IMG