アルプス電気 導入検討に最適なお試しキット『IoT Smart Module』 1台9800円からの低価格実現、加速度や温湿度データなど収集

2015年11月11日

IoTを始めるにはコストがかかり、企業にとってはチャレンジになる。設備投資のリスクが大きくなる前に、ちょっとだけ試してみたいというニーズはとても高い。アルプス電気は、そんな要望に最適なセンサモジュール「IoT Smart Module」を開発。1台9800円からという低価格で、IoTを手軽に試せる開発キットとして好評を得ている。製品開発の背景と狙いを、同社の民生・新市場業務部1Gの稲垣一哉担当課長に聞いた。 -開発の経緯は? 2014年のCEATECに920MHz帯の環境センサモジュールを出品したところ、従来のユーザーである電子・電気機器メーカー以外からの反応が非常に良かった。すぐに導入したい…