IDEC 薄形電源 省スペースと高信頼性を両立

IDECはDINレール取り付けタイプの薄形電源「PS5R-V形」を発売。同社の電源技術を活用し、大幅な小型化と耐環境性能の強化による長期安定稼働の両立を実現して制御盤設計者や設備担当者の高い評価を得ている。

新製品は同社従来品に比べ、体積比約50%減、横幅約40%減と省スペース化を実現。一般的に電源をはじめとした盤内部品は、熱による劣化から、省スペースと耐久性の両立は高い技術が求められ、さらに、放熱を考慮し、取り付け方向に制約があるが、同製品は6方向の取り付けを実現。設置場所や配線の都合に合わせたフレキシブルなレイアウトができる。左右に必要なスペースはそれぞれわずか10ミリで、制御盤内スペースの削減に貢献。また、スクリューアップ端子構造により丸端子の接続もスピーディーにでき、ねじの脱落、紛失の心配もない。使用周囲温度もマイナス25℃~プラス75℃と高い信頼性を誇り、保証期間も5年と安心して使うことができる。UL、CE、SEMI-F47など各種規格にも対応し、海外向けや半導体製造装置にも採用が可能。出力容量は10W(DC5V)、15W(DC12V/24V)、30W(DC12V/24V)、60W(DC24V)、120W(DC24V)と7種をラインアップ。2016年1月に90Wタイプと240Wタイプも発売予定。

公式サイト>>> http://jp.idec.com/

オートメーション新聞は、1976年の発行開始以来、45年超にわたって製造業界で働く人々を応援してきたものづくり業界専門メディアです。工場や製造現場、生産設備におけるFAや自動化、ロボットや制御技術・製品のトピックスを中心に、IoTやスマートファクトリー、製造業DX等に関する情報を発信しています。新聞とPDF電子版は月3回の発行、WEBとTwitterは随時更新しています。

購読料は、法人企業向けは年間3万円(税抜)、個人向けは年間6000円(税抜)。個人プランの場合、月額500円で定期的に業界の情報を手に入れることができます。ぜひご検討ください。

オートメーション新聞/ものづくり.jp Twitterでは、最新ニュースのほか、展示会レポートや日々の取材こぼれ話などをお届けしています
>FA・自動化、デジタル化、製造業の今をお届けする ものづくり業界専門メディア「オートメーション新聞」

FA・自動化、デジタル化、製造業の今をお届けする ものづくり業界専門メディア「オートメーション新聞」

オートメーション新聞は、45年以上の歴史を持つ製造業・ものづくり業界の専門メディアです。製造業DXやデジタル化、FA・自動化、スマートファクトリーに向けた動きなど、製造業各社と市場の動きをお伝えします。年間購読は、個人向けプラン6600円、法人向けプラン3万3000円

CTR IMG