チノー デジタル指示調節計 独自制御方式で省エネに貢献

チノーの指示調節計「DB600シリーズ」は、基本性能の高さと視認性の良さでエンジニアの評価が高い。

DB600シリーズは、視野角の広い5桁11セグメント表示の大形液晶を採用。7セグメント表示とは異なり、状態表示などの文字表示が飛躍的に分かりやすくなっている。設計や取り付けがしやすいように、パネルカット寸法は標準的なサイズを採用。48×48ミリ、48×96ミリ、96×96ミリの3サイズから選択ができる。もちろん短胴設計で、従来品よりも省スペースで設置可能。

基本性能も充実し、表示精度0.1%、制御周期0.1秒と同クラス最高レベル。制御方式は、対象に合わせてPID制御と、植物の恒温機能をアルゴリズム化した独自の“Z制御”の二つの形式から選択が可能。特に、Z制御は立ち上がり時や外乱発生時の操作量を抑制できるため、従来のPID制御よりも省エネルギー運転を可能にしている。また、オートチューニング方式を新開発、オーバーシュート抑制、調整時間短縮を両立している。

公式サイト>>> http://www.chino.co.jp

関連記事

Our Partners

工場・設備投資

人事

市況・マーケット

Our Partners

ページ上部へ戻る