インラインで文字認識 マーストーケンソリューション 2次元スキャナにOCR機能

マーストーケンソリューション(東京都新宿区新宿1-8-5、TEL03-3352-8560、村上浩社長)は、インラインで文字認識・バーコードの印字品質検査ができ、ダメージシンボル読み取りを強化した固定式の2次元スキャナ「MVF500」を発売した。

同製品は、文字認識OCR機能を搭載し、バーコードと賞味期限日付やロット番号、製造記号などの文字印刷の読み取りも可能。日付セットミスのチェックやトレーサビリティにも役立つ。

またISO15415、AIM DPM 2006-1の国際規格に準拠したパラメーターで印字の品質を検査可能。 検査結果は、ISOとAIMが規定した総合判定だけでなく、 実際の運用に合った検査パラメーターを任意に選択して判定の出力ができる。

PLC内のバーコードデータ書き込みメモリ番地をスキャナに設定しておくと、 読み込んだバーコードデータを自動的に指定のメモリに書き込む。標準で、三菱電機とオムロン、 キーエンスのPLCに対しての接続をサポートしている。

オートメーション新聞は、1976年の発行開始以来、45年超にわたって製造業界で働く人々を応援してきたものづくり業界専門メディアです。工場や製造現場、生産設備におけるFAや自動化、ロボットや制御技術・製品のトピックスを中心に、IoTやスマートファクトリー、製造業DX等に関する情報を発信しています。新聞とPDF電子版は月3回の発行、WEBとTwitterは随時更新しています。

購読料は、法人企業向けは年間3万円(税抜)、個人向けは年間6000円(税抜)。個人プランの場合、月額500円で定期的に業界の情報を手に入れることができます。ぜひご検討ください。

オートメーション新聞/ものづくり.jp Twitterでは、最新ニュースのほか、展示会レポートや日々の取材こぼれ話などをお届けしています
>FA・自動化、デジタル化、製造業の今をお届けする ものづくり業界専門メディア「オートメーション新聞」

FA・自動化、デジタル化、製造業の今をお届けする ものづくり業界専門メディア「オートメーション新聞」

オートメーション新聞は、45年以上の歴史を持つ製造業・ものづくり業界の専門メディアです。製造業DXやデジタル化、FA・自動化、スマートファクトリーに向けた動きなど、製造業各社と市場の動きをお伝えします。年間購読は、個人向けプラン6000円、法人向けプラン3万円から(いずれも税抜)

CTR IMG