Check !!

ニチフ 圧接形中継コネクタ「セミ・シェップ」シリーズ 自動認識・計測器の接続に最適

ニチフが発売する、単一コネクタでオス・メス接続が可能な圧接形中継コネクタ「セミ・シェップ(SEMI SHEP)」シリーズは配線作業性の高さで配線作業者からの評価が極めて高い。同社はさらにより線で0.05平方mmの細サイズまで対応する「NDC3026」を追加発売し、顧客の要望に応えている。

自動認識機器の普及に伴い、電源線はもちろん、有線での通信線も現場に増え、接続のための工数削減は大きな課題となっている。さらに、バーコードリーダーやRFIDリードライタなどは現場のレイアウト変更に伴い接続方法も変わることが多く、コネクタの選定もシステム構成の重要な要素になっている。

同社のセミ・シェップは、単一コネクタを上下180度回転させるだけで、オスとメスの接続が可能。同製品は、適合電線サイズがより線で0.05~0.13平方mm/AWG30~26。単線は径0.25~0.5mm。電線被覆の外径は最大1.3mm。定格電流はAWG30~28使用時2A、同26が3A。

電線被覆むきが不要で、プライヤで簡単に接続できるため、配線工数の削減に寄与することはもちろん、現場での突然の作業にも容易に対応できる。RoHS対応で輸出時も安心して採用できる。

公式サイト : http://www.nichifu.co.jp

オートメーション新聞は、1976年の発行開始以来、45年超にわたって製造業界で働く人々を応援してきたものづくり業界専門メディアです。工場や製造現場、生産設備におけるFAや自動化、ロボットや制御技術・製品のトピックスを中心に、IoTやスマートファクトリー、製造業DX等に関する情報を発信しています。新聞とPDF電子版は月3回の発行、WEBとTwitterは随時更新しています。

購読料は、法人企業向けは年間3万円(税抜)、個人向けは年間6000円(税抜)。個人プランの場合、月額500円で定期的に業界の情報を手に入れることができます。ぜひご検討ください。

オートメーション新聞/ものづくり.jp Twitterでは、最新ニュースのほか、展示会レポートや日々の取材こぼれ話などをお届けしています
>FA・自動化、デジタル化、製造業の今をお届けする ものづくり業界専門メディア「オートメーション新聞」

FA・自動化、デジタル化、製造業の今をお届けする ものづくり業界専門メディア「オートメーション新聞」

オートメーション新聞は、45年以上の歴史を持つ製造業・ものづくり業界の専門メディアです。製造業DXやデジタル化、FA・自動化、スマートファクトリーに向けた動きなど、製造業各社と市場の動きをお伝えします。年間購読は、個人向けプラン6600円、法人向けプラン3万3000円

CTR IMG