不連続戦線に異状なし 黒川想介 (28)

2015年9月1日

1990年代に、護送船団方式という言葉や活字が巷間で散見された。本来の護送船団方式とは軍事用語であり、船団を護送する時に最も遅い船のスピードに合わせて航行することであったのだが、この時マスコミ紙上で賑わった護送船団方式とは金融業界のことであった。お金は経済社会の血液のようなものである。そこで、銀行の破綻は社会を極端に混乱させるため金融行政で過度の競争を避け、一つの銀行もつぶさないようにするために様々な規制をかけ統制してきた。 バブル崩壊や国際的圧力により90年代中頃から金融の大がかりな規制緩和が進められ、もはや護送船団方式は崩壊したという記事が連日紙上を賑わせたのであった。護送船団方式の崩壊に…