ソフトサーボシステムズ ソフトモーション「WMX」 市販PCで高機能システム構築

ソフトサーボシステムズDPC700
ソフトサーボシステムズDPC700
ソフトサーボシステムズが開発、提供している最先端モーション技術が従来のモーションシステムの常識を覆すと注目を集めている。

通常、サーボモータを多軸制御する場合は、専用のモーションコントローラや、高性能な産業用PCとNCボードが必要だった。

そのため、スペックやプログラミングはハードに依存し、なおかつ仕様に合わせて機器を選定、購入が必要だった。

しかし、同社のソフトモーション「WMX」を用いると、市販PCを超高性能なモーションコントローラとして使うことができる。特にEthrCATでサーボモータと通信する場合、通信基板さえも不要。購入したPCにLANポートさえ搭載されていれば大丈夫だ。

もちろん、Windowsベースのアプリケーションと共存もでき、万が一、Windowsがフリーズしてしまった場合もマルチコアCPUの一部のコアをモーション制御で占有する仕組みのため、安定性が担保されている。

その圧倒的な性能と信頼性は、大手半導体製造装置メーカーで多数採用されていることからも実証されており、128軸の同期制御を1msの制御周期で実現できるほどのスペックを誇る。

同社ではファンレス、HDDレスのコンパクトな産業用PC「DPC700シリーズ」もあわせて提供しており、今後もその動向が注目されている。

公式サイト>>> http://softservo.co.jp/

オートメーション新聞は、1976年の発行開始以来、45年超にわたって製造業界で働く人々を応援してきたものづくり業界専門メディアです。工場や製造現場、生産設備におけるFAや自動化、ロボットや制御技術・製品のトピックスを中心に、IoTやスマートファクトリー、製造業DX等に関する情報を発信しています。新聞とPDF電子版は月3回の発行、WEBとTwitterは随時更新しています。

購読料は、法人企業向けは年間3万円(税抜)、個人向けは年間6000円(税抜)。個人プランの場合、月額500円で定期的に業界の情報を手に入れることができます。ぜひご検討ください。

オートメーション新聞/ものづくり.jp Twitterでは、最新ニュースのほか、展示会レポートや日々の取材こぼれ話などをお届けしています
>FA・自動化、デジタル化、製造業の今をお届けする ものづくり業界専門メディア「オートメーション新聞」

FA・自動化、デジタル化、製造業の今をお届けする ものづくり業界専門メディア「オートメーション新聞」

オートメーション新聞は、45年以上の歴史を持つ製造業・ものづくり業界の専門メディアです。製造業DXやデジタル化、FA・自動化、スマートファクトリーに向けた動きなど、製造業各社と市場の動きをお伝えします。年間購読は、個人向けプラン6600円、法人向けプラン3万3000円

CTR IMG