ソフトバンク IoT/M2Mマネジメントサービスを開始 回線管理や運用負担低減

ソフトバンクは7月28日、「グローバルIoT/M2Mマネジメントサービス」の提供を開始した。利用回線の管理や障害診断、通信量の管理などIoT/M2Mの運用・管理を効率化し、IoT/M2Mソリューションの活用やビジネス展開を検討する企業をサポートする。

IoTでは管理対象物がネットワークにつながることによって運用管理の負荷やコストの増大、グローバル展開する際の管理の煩雑さが問題となっている。

同社は、管理対象物につながるモバイル回線の管理機能と障害の簡易診断を提供してネットワークコストと運用管理コストを低減。さらに、サービスを提供するにあたって世界中の通信事業者と連携し、広範囲のサービス展開とコスト最適化を実現。グローバル展開をする企業に対しても単一プラットフォームで管理でき、運用・管理の煩雑さを低減する。

サービスの利用シーンとしては工作機械のリモート監視やテレマティクス、盗難防止ソリューションを想定している。

オートメーション新聞は、1976年の発行開始以来、45年超にわたって製造業界で働く人々を応援してきたものづくり業界専門メディアです。工場や製造現場、生産設備におけるFAや自動化、ロボットや制御技術・製品のトピックスを中心に、IoTやスマートファクトリー、製造業DX等に関する情報を発信しています。新聞とPDF電子版は月3回の発行、WEBとTwitterは随時更新しています。

購読料は、法人企業向けは年間3万円(税抜)、個人向けは年間6000円(税抜)。個人プランの場合、月額500円で定期的に業界の情報を手に入れることができます。ぜひご検討ください。

オートメーション新聞/ものづくり.jp Twitterでは、最新ニュースのほか、展示会レポートや日々の取材こぼれ話などをお届けしています
>FA・自動化、デジタル化、製造業の今をお届けする ものづくり業界専門メディア「オートメーション新聞」

FA・自動化、デジタル化、製造業の今をお届けする ものづくり業界専門メディア「オートメーション新聞」

オートメーション新聞は、45年以上の歴史を持つ製造業・ものづくり業界の専門メディアです。製造業DXやデジタル化、FA・自動化、スマートファクトリーに向けた動きなど、製造業各社と市場の動きをお伝えします。年間購読は、個人向けプラン6000円、法人向けプラン3万円から(いずれも税抜)

CTR IMG