相原電機 単層複巻きトランス「ECLシリーズ」 従来品比33%小型・軽量化

相原電機は、従来品と比べ最大33%の小型・軽量化を実現した相原電機トランス「ECLシリーズ」を昨年11月から販売開始し、順調に定着してきている。

「ECLシリーズ」は、ユーザーに評価が高いロングセラー「YSシリーズ」のモデルチェンジ版で、E(Easy‥平易)、C(Compact‥小型)、L(Light‥軽い)をコンセプトにした単相複巻トランス。容積比・重量比ともに大幅削減を実現している。一次側電圧210V、二次側電圧105Vの調整タップも追加した。

さらに、電圧記名表示の明確化を図り、見やすさも追求。取り付け穴をダルマ穴(300VA~1kVA)加工にしたため、作業性が向上。ドライバーでの取り付け作業時も容易で確実な固定ができる。取り付け寸法も従来品に合わせた設計で容易に置き換えが可能。

静電シールド(E)、接地端子(FG)も装備しており、RoHS指令対応のため、輸出の場合も安心して採用できる。適用規格はJEM1333-1976/1310JEC2200。

公式サイト>>> http://www.e-aiharadenki.co.jp/

関連記事

Our Partners

工場・設備投資

人事

市況・マーケット

Our Partners

ページ上部へ戻る