アマゾンジャパン 「産業・研究開発用品ストア」をオープン 「使いやすさ」武器にBtoB市場にマト

2015年8月5日

アマゾンジャパン(東京都目黒区下目黒1-8-1、TEL0120-999-373、ジャスパー・チャン社長)は「産業・研究開発用品ストア」をオープンした。手袋・マスクなどの作業用消耗品や、試薬・計測機器といった研究開発用品とともに、配線・接続部品、センサ、直動部品といったFA機器から3Dプリンタまで、モノづくりの現場で使われる間接資材を広く取り扱う。 BtoB市場で先行する間接資材通販大手は多数あるが、同社稲山勝久統括事業部長によると「適正価格、品ぞろえ、納期はもちろんだが、”使いやすさ”もアマゾンのメリット」と述べている。アマゾンジャパンでは1ヵ月あたり4000万人のアク…