不連続戦線に異状なし 黒川想介 (26)

2015年8月5日

現在は情報化社会といわれ、メディアやネットを通じて次々と情報が入ってくるし、いつでも必要な情報をアクセスできる時代になった。情報化時代に入る前には自分にしか知り得ない情報が結構あったから、情報という言葉に秘密性が感じられた。だからちょっとした情報でも持っていれば得をした気分になって、他人に耳打ちして少し得意になれた。しかし昨今のように情報化社会の中に入ると、かつて秘匿性の強かった個人の日記でさえ、ブログという簡便な方法でネット上に公開するのだから、情報を得意気に他人に耳打ちしても恥をかくだけである。しかし、情報こそが営業マンにとって重要なツールなのだ。 営業マンが目的とするのは売上げを上げるこ…