レノボ ワークステーション仮想化ソリューション「CADonVDI」 重い3Dデータも軽く動き設計効率アップ

3D CADやCAEなど、3Dデータの活用が広がるなか、データサイズの巨大化によってワークステーションのフリーズや動作の遅延、発熱などの問題が懸念されている。管理者側でも、オペレータの作業効率の悪化や、高性能ワークステーションへの買い替えコスト、ネットワーク負荷の増大などが問題となっている。

これらを解決するのが、レノボが推進するワークステーション仮想化ソリューション「CADonVDI」だ。

サーバー内の仮想環境にワークステーションと同じ環境を作り、その上でCADやCAEのプリポスト処理が実行可能となっている。リモートデスクトップと同じような機能だが、重い3Dデータであってもサーバー上のグラフィックスパワーを使ってサクサク動かすことができる。

サーバー内でアプリケーションが実行されるので、データ転送の手間や待ち時間がいらず、ネットワーク負荷も少なくて済む。情報漏えいのリスクも発生しない。

オペレータはより良い作業環境で効率が上がり、システム管理者は端末とソフトウェアの管理の手間を減らすことができる。

経営者向けには現場の効率化に加えて、機密情報の漏えい防止やBCP対策、海外拠点での設計移管、ローカライズなどにも優れた効果を発揮する。

公式サイト>>> http://www.lenovojp.com/server/

オートメーション新聞は、1976年の発行開始以来、45年超にわたって製造業界で働く人々を応援してきたものづくり業界専門メディアです。工場や製造現場、生産設備におけるFAや自動化、ロボットや制御技術・製品のトピックスを中心に、IoTやスマートファクトリー、製造業DX等に関する情報を発信しています。新聞とPDF電子版は月3回の発行、WEBとTwitterは随時更新しています。

購読料は、法人企業向けは年間3万円(税抜)、個人向けは年間6000円(税抜)。個人プランの場合、月額500円で定期的に業界の情報を手に入れることができます。ぜひご検討ください。

オートメーション新聞/ものづくり.jp Twitterでは、最新ニュースのほか、展示会レポートや日々の取材こぼれ話などをお届けしています
>FA・自動化、デジタル化、製造業の今をお届けする ものづくり業界専門メディア「オートメーション新聞」

FA・自動化、デジタル化、製造業の今をお届けする ものづくり業界専門メディア「オートメーション新聞」

オートメーション新聞は、45年以上の歴史を持つ製造業・ものづくり業界の専門メディアです。製造業DXやデジタル化、FA・自動化、スマートファクトリーに向けた動きなど、製造業各社と市場の動きをお伝えします。年間購読は、個人向けプラン6000円、法人向けプラン3万円から(いずれも税抜)

CTR IMG