図研 次世代電気制御設計環境「E3シリーズ」 効率化に向け解決策提案

図研は「電気制御設計改革」をテーマに「設計・製造ソリューション展(東2ホール‥東15-29)」に出展し、電気制御領域における最新改革事例を紹介する。

ブース内では、日本の産業機械メーカーの半数以上が電気CADで描画機能のみを利用しているという実態に対し、その原因と解決策を紹介し、「現状の電気設計環境がこのままで良いのか?」と疑問を持つエンジニアに対し、解決策の説明が行われる。

展示では次世代の電気制御設計環境「E3.series」を中心に、手作業中心の配電・制御盤製造工程を刷新、効率と品質を高めるツール「XVL Studio E3.Panel」、ユーザーにE3を効率よく運用してもらうための様々なコンテンツを提供する専用サイト「E3.Plus+」、設計後の対策ではなく、設計時に配慮する「熱設計」を支援するツール「ThermoSherpa」といったITツールのデモンストレーションが行われ、来場者の注目を集めそうだ。

同社は「オムロン」「三菱電機」など大手FA機器メーカーとも積極的に提携。導入効果を最大化するため、CADライブラリの無償提供、運用構築支援なども積極展開している。

公式サイト>>> http://www.zuken.co.jp

オートメーション新聞は、1976年の発行開始以来、45年超にわたって製造業界で働く人々を応援してきたものづくり業界専門メディアです。工場や製造現場、生産設備におけるFAや自動化、ロボットや制御技術・製品のトピックスを中心に、IoTやスマートファクトリー、製造業DX等に関する情報を発信しています。新聞とPDF電子版は月3回の発行、WEBとTwitterは随時更新しています。

購読料は、法人企業向けは年間3万円(税抜)、個人向けは年間6000円(税抜)。個人プランの場合、月額500円で定期的に業界の情報を手に入れることができます。ぜひご検討ください。

オートメーション新聞/ものづくり.jp Twitterでは、最新ニュースのほか、展示会レポートや日々の取材こぼれ話などをお届けしています
>FA・自動化、デジタル化、製造業の今をお届けする ものづくり業界専門メディア「オートメーション新聞」

FA・自動化、デジタル化、製造業の今をお届けする ものづくり業界専門メディア「オートメーション新聞」

オートメーション新聞は、45年以上の歴史を持つ製造業・ものづくり業界の専門メディアです。製造業DXやデジタル化、FA・自動化、スマートファクトリーに向けた動きなど、製造業各社と市場の動きをお伝えします。年間購読は、個人向けプラン6600円、法人向けプラン3万3000円

CTR IMG