Check !!

横河電機 ネットワークベース生産システムの機能強化版を販売開始 通信コストを削減

横河電機スターダム STARDOM350dpi横河電機は、ネットワークベース生産システム「STARDOM(スターダム)」の機能強化版を3日から販売開始した。価格は1セット50万円から。2015年度3500台、16年度4000台を販売予定。

STARDOMは、自律型コントローラ「FCN」「FCJ」とSCADAソフトウェア「VDS」で構成される制御システム。

従来は定周期ですべてのデータを収集していたため、通信データ量が大きくなり、通信費用がランニングコストを圧迫していた。今回、FCN、FCJをDNP3通信プロトコル「Unsolicited Response」に対応させたことで、FCN、FCJ側から運転員にとって必要なデータを必要なタイミングで遅延なく自律的にSCADAに送信できるよう通信機能を強化。

これにより、定周期通信の頻度を減らすことが可能になり、操作監視の信頼性を確保しながら、全体のデータ量を削減することで、通信コストの削減に寄与する。

また、SCADAシステムに対して、通信プロトコルの標準のポート番号では外部からの不正な侵入を受けやすくなるため、使用するポート番号に制限をかけるセキュリティポリシーを掲げるケースが増えていることに対応して今回、産業用ネットワークに広く採用されている通信プロトコルModbus/TCPに対応したネットワークでも、任意のポート番号を選択できるように通信機能を強化している。これにより、セキュリティポリシーに沿った設定が可能となる。

さらに、ガス流量を測定する代表的差圧方式の演算方式で、FCN、FCJに、グローバルに普及しているISO5167に対応した。

オートメーション新聞は、1976年の発行開始以来、45年超にわたって製造業界で働く人々を応援してきたものづくり業界専門メディアです。工場や製造現場、生産設備におけるFAや自動化、ロボットや制御技術・製品のトピックスを中心に、IoTやスマートファクトリー、製造業DX等に関する情報を発信しています。新聞とPDF電子版は月3回の発行、WEBとTwitterは随時更新しています。

購読料は、法人企業向けは年間3万円(税抜)、個人向けは年間6000円(税抜)。個人プランの場合、月額500円で定期的に業界の情報を手に入れることができます。ぜひご検討ください。

オートメーション新聞/ものづくり.jp Twitterでは、最新ニュースのほか、展示会レポートや日々の取材こぼれ話などをお届けしています
>FA・自動化、デジタル化、製造業の今をお届けする ものづくり業界専門メディア「オートメーション新聞」

FA・自動化、デジタル化、製造業の今をお届けする ものづくり業界専門メディア「オートメーション新聞」

オートメーション新聞は、45年以上の歴史を持つ製造業・ものづくり業界の専門メディアです。製造業DXやデジタル化、FA・自動化、スマートファクトリーに向けた動きなど、製造業各社と市場の動きをお伝えします。年間購読は、個人向けプラン6600円、法人向けプラン3万3000円

CTR IMG