ワイヤレス産業は2020年に80兆円市場へ成長!!

2015年5月27日

6.放射能(RadioWave)産業 放射線産業は、エネルギー(現在はほとんど原子力発電)と医学や工業、農業業界などへの放射線(能)応用で、両者の経済規模は同程度(図21)であるが、拡大傾向にある。潜在的な関連産業はさらに多く、重要産業である。しかし安全、安心及び廃棄時の膨大な費用(コスト)対策が必須となっている。 日本人は原爆投下、ビキニ環礁被爆、福島の原子力発電所事故で放射線恐怖症が染みついていて、2013年の日本の原子力発電はゼロであるが、間違いなく放射線関連産業は日本に向いている。 【放射線応用産業例】 (工業):耐熱電線や強化タイヤ(ラジアルタイヤ)や高温状態やテッシュなどの困難な測…