不二電機工業みなみ草津工場に見る 景気や政情に左右されない”ものづくり” 「日本でしかできない」を徹底

2015年5月27日

製造業の国内回帰が進んでいると言われている。要因として「円安」「新興国の人件費高騰」「品質維持」などが挙げられるが、実感がわかないという人も多いのではないだろうか。そこで、実際に国内に積極投資を行っている不二電機工業みなみ草津工場(滋賀県草津市)を取材した。 同社は2014年に東証一部上場(指定替)を果たし、「品質(Quality)」「価格(Cost)」「納期(Delivery Time)」という、一見相反する要素を国内投資により、高い次元で達成できているという。主力製品は電力、鉄道など重要インフラ向けのスイッチ、リレー、表示器など。万が一の故障による社会的影響が大きいため、製品には非常に高い…