フエニックス・コンタクト 薄型セーフティリレーユニットを6月から販売開始 制御盤の小型化に貢献

2015年5月20日

フエニックス・コンタクト(横浜市港北区新横浜1―7―9、TEL045―471―0050、青木良行社長)は、薄型セーフティリレーユニット「PSR miniシリーズ」として、幅6ミリと12ミリタイプを開発し、6月から販売開始する。 一般的に広く使用されているセーフティリレーユニットの幅は22・5ミリであるが、新製品は、6ミリタイプで約70%、12ミリタイプで約45%も薄型化を実現しており、制御盤などの小型化に貢献する。 販売にあたっては、新たに超小型強制ガイド付きリレーを自社で開発(特許取得)した。独自のチェック機構により自己診断の信頼性をアップすると共に、低消費電力でコンパクトながらも従来以上の…