オムロン 農業制御システムに参入 プラントライフシステムズに出資

2015年5月20日

オムロンの子会社で、同社の「センシング&コントロール」技術を活用し、ベンチャー企業を支援するオムロンベンチャーズ(小澤尚志社長)は、施設園芸での栽培制御システムのベンチャー企業であるプラントライフシステムズ(PLS、横浜市港北区新横浜3―24―5、松岡孝幸代表取締役)に出資する。2014年7月に設立のオムロンベンチャーズとして初めての出資で、これを通じて農業制御システムへの参入を目指した技術開発、事業化検証を進めていく。 PLSは14年10月設立で、数値解析ソフト開発の技術力を生かし、これまで自動車開発や医療における制御技術の開発に取り組んできた。この制御技術を応用し、農業における栽培最適化支…