IDEC 小型固定式1次元CCDスキャナ「WB1F形」 他社品比60%小型化実現

IDECの小型固定式1次元CCDスキャナ(バーコードリーダ)「WB1F形」が検体検査装置や、分析機器などの医療向け装置で評価が高まっている。

近年医療分野においては、バーコードによる管理が必須となりつつある。また、医療分析機器の小型化が進み、機器内部に組み込まれるバーコードリーダも設置スペースの削減ニーズが求められている。WB1F形は、他社相当機種に比べ、体積比で60%もの削減を実現。圧倒的な小型化を実現しながらも、近距離読み取りと広視野角を両立。機器設計者の自由度を飛躍的に高めたため、医療分析装置における検体ラベルや試薬、試験ラベルの読み取りに最適だ。小型化を実現したことにより、従来は取り付けと読み取り方向にあわせて、「フロントタイプ」「サイドタイプ」など型式を使い分ける必要があったが、同一型式で共用でき、機器メーカーの部品管理工数も削減できる。さらに本体に操作ボタンと、安定動作の確認が可能な表示LEDを搭載することで、PCやPLCなどのホスト機器がない状態でも読み取り状態を確認しながら組付け現場で位置合わせが可能になるため、機器組込時や医療現場でのメンテナンス工数削減にも寄与する。CEマーキング、ULなど各種規格にも適合、装置輸出にも対応可能。

公式サイト>>> http://jp.idec.com/ja/s/c682E/

オートメーション新聞は、1976年の発行開始以来、45年超にわたって製造業界で働く人々を応援してきたものづくり業界専門メディアです。工場や製造現場、生産設備におけるFAや自動化、ロボットや制御技術・製品のトピックスを中心に、IoTやスマートファクトリー、製造業DX等に関する情報を発信しています。新聞とPDF電子版は月3回の発行、WEBとTwitterは随時更新しています。

購読料は、法人企業向けは年間3万円(税抜)、個人向けは年間6000円(税抜)。個人プランの場合、月額500円で定期的に業界の情報を手に入れることができます。ぜひご検討ください。

オートメーション新聞/ものづくり.jp Twitterでは、最新ニュースのほか、展示会レポートや日々の取材こぼれ話などをお届けしています
>FA・自動化、デジタル化、製造業の今をお届けする ものづくり業界専門メディア「オートメーション新聞」

FA・自動化、デジタル化、製造業の今をお届けする ものづくり業界専門メディア「オートメーション新聞」

オートメーション新聞は、45年以上の歴史を持つ製造業・ものづくり業界の専門メディアです。製造業DXやデジタル化、FA・自動化、スマートファクトリーに向けた動きなど、製造業各社と市場の動きをお伝えします。年間購読は、個人向けプラン6600円、法人向けプラン3万3000円

CTR IMG