B&Rインダストリアルオートメーション 産業用コントローラ「スケーラビリティ+」 用途に応じてモジュール組み合わせ

B&Rインダストリアルオートメーションは、PLC、産業用コントローラ、モータードライブシステムの3製品を中核に展開している。

産業用コントローラ「スケーラビリティ+」は機械やシステムの長期使用と柔軟性に対応して、パネルは共通で使用しながら、用途に応じてモジュールを組み合わせ使用できる。機械や装置メーカーは、最初にサイズ、アスペクト比などからパネルを選んで組み込めばプロセッサやメモリなどのコンポーネントをシステムに応じて個別に選択できる。PCは、シングルコアのセレロンからクァッドコアi7プロセッサまで幅広くカバーし、インターフェース(POWERLINK、シリアル、SDL3)もプラグインカードを使って設定できる。

さらに、メンテナンスや個々のコンポーネントのグレードアップなども簡単に行える。ビルディングブロックテクノロジーでPCとパネルのライフサイクルの違いに対応し、カスタムパネルを使いながらもプロセッサは最新バージョンを使用でき、機械や装置の長期間の利用が可能。これにより、エンジニアリングコストの削減と限りない拡張性を発揮する。

公式サイト : http://www.br-automation.com/ja/

オートメーション新聞は、1976年の発行開始以来、45年超にわたって製造業界で働く人々を応援してきたものづくり業界専門メディアです。工場や製造現場、生産設備におけるFAや自動化、ロボットや制御技術・製品のトピックスを中心に、IoTやスマートファクトリー、製造業DX等に関する情報を発信しています。新聞とPDF電子版は月3回の発行、WEBとTwitterは随時更新しています。

購読料は、法人企業向けは年間3万円(税抜)、個人向けは年間6000円(税抜)。個人プランの場合、月額500円で定期的に業界の情報を手に入れることができます。ぜひご検討ください。

オートメーション新聞/ものづくり.jp Twitterでは、最新ニュースのほか、展示会レポートや日々の取材こぼれ話などをお届けしています
>FA・自動化、デジタル化、製造業の今をお届けする ものづくり業界専門メディア「オートメーション新聞」

FA・自動化、デジタル化、製造業の今をお届けする ものづくり業界専門メディア「オートメーション新聞」

オートメーション新聞は、45年以上の歴史を持つ製造業・ものづくり業界の専門メディアです。製造業DXやデジタル化、FA・自動化、スマートファクトリーに向けた動きなど、製造業各社と市場の動きをお伝えします。年間購読は、個人向けプラン6600円、法人向けプラン3万3000円

CTR IMG