パトライト 社長に高野尚登常務が昇格

パトライト 高野尚登 代表取締役社長

パトライト(大阪市中央区本町4-4-25、TEL06―6711―8955)は、4月1日付で山本節次郎社長が退任し、後任に高野尚登常務が昇格する。新社長に就任する高野氏は、1983年に立石電機(現オムロン)に入社。同社執行役員、オムロンフィールドエンジニアリング取締役などを経て、2014年にパトライト常務に就任し、現在に至る。

【高野尚登(たかの・ひさと)新社長の略歴】

1958年7月19日生まれ。56歳。83年4月立石電機(現オムロン)入社。99年4月IABカンパニーセンシング機器統轄事業部視覚部長、2001年4月オムロンエレクトロニクス(米)企画室長、05年7月IABカンパニー企画室経営企画部長、06年4月IABカンパニーグローバルサービスセンタ所長、08年4月IABカンパニーセンシング機器統轄事業部事業部長、09年6月執行役員。同年9月IABカンパニー販売統括事業部事業部長、13年4月オムロンフィールドエンジニアリング取締役。14年4月同社に入社し、常務取締役就任。15年4月代表取締役社長就任。

関連記事

Our Partners

工場・設備投資

人事

市況・マーケット

Our Partners

ページ上部へ戻る