ザイリンクス 最新のメモリテクノロジー「16nm UltraScale+」を発表

米ザイリンクスは、3D―on―3Dテクノロジーとマルチプロセッシングシステムオンチップ(MPSoC)テクノロジーを組み合わせた一世代先の価値を提供する最新のメモリテクノロジー「16nm UltraScale+(ウルトラスケールプラス)ファミリー」を発表した。

最初の出荷は2015年第4四半期を予定している。

UltraScale+ファミリーは、FPGA、3D IC、およびMPSoCで構成されている。

これにより、UltraScaleポートフォリオは、20nmから16nmのFPGA、SoC、および3D ICデバイスに拡充され、LTE Advanced、5Gワイヤレス通信、テラビットワイヤード通信、先進運転支援システム(ADAS)、産業用IoT(モノのインターネット)など、幅広い次世代アプリケーションに対応できるようになる。

NTTデータGSL

関連記事

お知らせ

工場・設備投資

人事

市況・マーケット

ページ上部へ戻る