ピーアンドエフ 「インダストリー4.0を具現化」 太田階子代表取締役社長

昨年は、創立25周年の節目を機に、大きく飛躍できた年となった。FA部門、PA部門ともに前年度比15%を超える伸び率となり、過去最高の業績を達成することができた。特にFAの売り上げは急伸長しており、PAを超えてきている。

手応えを十分に感じながら迎える2015年は、ドイツ本社が創業70周年を迎える年となるが、「インダストリー4・0」で湧き上がる躍動感とともに、近年次々と新技術やユニークな新製品をリリースしている。

FAではユニークな技術を駆使した製品の開発力がぐんぐんと向上し、ヨーロッパのオートメーションアワードなどの技術賞を、パルスレンジングテクノロジー(PRT)を使用したレーザセンサなどで獲得してきたが、最近では「センサーテクノロジー4・0」と銘打ち、次世代のスマートブリッジ技術を視野に入れた製品の開発を進めている。Bluetooth、Wi―Fi、IO―Linkなどを介して、スマートフォンやタブレットPCを使用し、現場のセンサからの情報を取得してインターネットの世界に拡げて管理していくことで、極めて効率の良いフレキシブルな生産体制を確立していくことが可能になる。究極のオンデマンド生産やオンリーYOU製品の生産をも容易に実現する。まさにモノのインターネット世界「IoT」のコンセプトである。この推進で、センサと同様に重要な役割を果たすRFIDもタグ、リーダー、コントローラのすべての機種を拡充し、さらに13・56M〓やUHFなどの周波数帯で各国の電波法を取得することも進めている。

PAでは、昨年からプロモーションを開始した耐圧防爆のコントロールステーションやターミナルボックスが好調に伸びているが、これに加えて、国内の水素ステーション関連のインフラ整備が急速に進められていく上で、防爆機器の需要が伸びることも期待したい。

オートメーション新聞は、1976年の発行開始以来、45年超にわたって製造業界で働く人々を応援してきたものづくり業界専門メディアです。工場や製造現場、生産設備におけるFAや自動化、ロボットや制御技術・製品のトピックスを中心に、IoTやスマートファクトリー、製造業DX等に関する情報を発信しています。新聞とPDF電子版は月3回の発行、WEBとTwitterは随時更新しています。

購読料は、法人企業向けは年間3万円(税抜)、個人向けは年間6000円(税抜)。個人プランの場合、月額500円で定期的に業界の情報を手に入れることができます。ぜひご検討ください。

オートメーション新聞/ものづくり.jp Twitterでは、最新ニュースのほか、展示会レポートや日々の取材こぼれ話などをお届けしています
>FA・自動化、デジタル化、製造業の今をお届けする ものづくり業界専門メディア「オートメーション新聞」

FA・自動化、デジタル化、製造業の今をお届けする ものづくり業界専門メディア「オートメーション新聞」

オートメーション新聞は、45年以上の歴史を持つ製造業・ものづくり業界の専門メディアです。製造業DXやデジタル化、FA・自動化、スマートファクトリーに向けた動きなど、製造業各社と市場の動きをお伝えします。年間購読は、個人向けプラン6600円、法人向けプラン3万3000円

CTR IMG