Check !!

エニイワイヤ 「15年度売上げ20億円超えを目指す」 鈴木康之代表取締役社長

鈴木康之代表取締役社長
鈴木康之
代表取締役社長
今年度は、三菱電機のセンサソリューション「iQSS」に対応するデジタルリンクセンサシステム「AnyWireASLINK」が好評で、売上高17億円を突破する勢いで推移している。2013年度の売上高が15億円だったので、2桁を超える勢いで伸びており、15年度は20億円超えを目指したい。

AnyWireASLINKは、発売から約1年が経過、昨年末の採用件数約20社から、現在は約90件に拡大した。採用していただいた企業もロボット関係から、半導体製造装置分野、搬送装置分野、自動車メーカー、自動車部品メーカーなど分野と裾野が拡大している。顧客が購入に至るまでのスピードが早く、同時に製品の評価が高い。ほとんど継続採用に繋がっており、15年、16年は営業面で攻勢をかけていく。

AnyWireASLinkの特徴は、センシングレベルでの予防保全、調整工数の削減、スペース効率の向上、センサケーブルの断線検知及び原因究明が行えることである。さらに、ポカミスの低減や、電動ドライバの締め忘れ検知といった、トレーサビリティにも応用できる利点がある。

最近では、現場での様々な見える化に対応するため、センサ類や接続ターミナル類の拡充を図っている。今後も7セグメント小型表示端末や、耐環境性の高い製品も順次発売する予定で、シリーズを強化し、エンドユーザーからセットメーカーまで顧客層の拡大を図る方針である。

営業面では、販売店にAnyWireASLINKの専任者を配置するとともに技術教育も行っている。海外でも中国でポカよけシステムとして伸長しており、今後は三菱電機の海外網を利用し、ASEANやインドなどにも進出していきたい。

一方、流通業向けコンベヤ仕分けシステムも、毎年10~15%の伸びを示しており、中期計画の最終となる18年度に売上高30億円を目指す。

オートメーション新聞は、1976年の発行開始以来、45年超にわたって製造業界で働く人々を応援してきたものづくり業界専門メディアです。工場や製造現場、生産設備におけるFAや自動化、ロボットや制御技術・製品のトピックスを中心に、IoTやスマートファクトリー、製造業DX等に関する情報を発信しています。新聞とPDF電子版は月3回の発行、WEBとTwitterは随時更新しています。

購読料は、法人企業向けは年間3万円(税抜)、個人向けは年間6000円(税抜)。個人プランの場合、月額500円で定期的に業界の情報を手に入れることができます。ぜひご検討ください。

オートメーション新聞/ものづくり.jp Twitterでは、最新ニュースのほか、展示会レポートや日々の取材こぼれ話などをお届けしています
>FA・自動化、デジタル化、製造業の今をお届けする ものづくり業界専門メディア「オートメーション新聞」

FA・自動化、デジタル化、製造業の今をお届けする ものづくり業界専門メディア「オートメーション新聞」

オートメーション新聞は、45年以上の歴史を持つ製造業・ものづくり業界の専門メディアです。製造業DXやデジタル化、FA・自動化、スマートファクトリーに向けた動きなど、製造業各社と市場の動きをお伝えします。年間購読は、個人向けプラン6600円、法人向けプラン3万3000円

CTR IMG