新生電機 「様々なテクニカルサポート提供」 瓦谷敏彦代表取締役社長

瓦谷敏彦 代表取締役社長
瓦谷敏彦
代表取締役社長
当社は、ライン制御部品から機械制御パーツなどの販売、計装システムや制御設計、さらにこれらに関わるメンテナンスサービスなど、顧客に対し様々なテクニカルサポートを提供している。岡山県を中心に中四国・九州北部などを営業範囲としており、顧客、仕入先から高い評価を頂いている。

当社が取り扱う製品・分野は幅広いが、昨年は全般的に好調に推移した。当社の2014年12月決算は、特に昨年の第1四半期は消費税の駆け込み需要もあり、過去最高の数字を達成した。第2四半期以降も順調に推移し、通期での売上高は12%から13%ほどアップした模様。今年は消費税の駆け込み需要はないものの、当地区の市場は堅調に推移するものと予想している。

営業面では、岡山本社を中心に、中四国・九州北部に9カ所の営業所を配置するなど広範囲に営業網を構築、顧客の幅広いニーズに迅速かつ的確に対応している。特にここ数年は、岡山地区の営業を強化しており、サービスの充実と顧客層の拡大を図っている。

当社の顧客は、医療、工業、農業と多種多様なジャンルに及び、顧客のニーズも多様である。こうした様々なニーズに的確・スピーディーに対応するため、SEがプランづくりからしっかりとフォローする体制を固めている。

一方、恒例となっている総合展示会「新生電機テクニカルフェア」だが、昨年は12月に開催し、前回を上回る1180人が来場し、好評だった。同フェアは数年おきに開催しているが、中四国地区や北九州地区の顧客にとって、最新の情報を間近で得られる展示会として好評を得ており、今後も様々なソリューションを顧客に提案していきたい。

オートメーション新聞は、1976年の発行開始以来、45年超にわたって製造業界で働く人々を応援してきたものづくり業界専門メディアです。工場や製造現場、生産設備におけるFAや自動化、ロボットや制御技術・製品のトピックスを中心に、IoTやスマートファクトリー、製造業DX等に関する情報を発信しています。新聞とPDF電子版は月3回の発行、WEBとTwitterは随時更新しています。

購読料は、法人企業向けは年間3万円(税抜)、個人向けは年間6000円(税抜)。個人プランの場合、月額500円で定期的に業界の情報を手に入れることができます。ぜひご検討ください。

オートメーション新聞/ものづくり.jp Twitterでは、最新ニュースのほか、展示会レポートや日々の取材こぼれ話などをお届けしています
>FA・自動化、デジタル化、製造業の今をお届けする ものづくり業界専門メディア「オートメーション新聞」

FA・自動化、デジタル化、製造業の今をお届けする ものづくり業界専門メディア「オートメーション新聞」

オートメーション新聞は、45年以上の歴史を持つ製造業・ものづくり業界の専門メディアです。製造業DXやデジタル化、FA・自動化、スマートファクトリーに向けた動きなど、製造業各社と市場の動きをお伝えします。年間購読は、個人向けプラン6000円、法人向けプラン3万円から(いずれも税抜)

CTR IMG