横河電機 プログラマブルコントローラ「FA-M3V」 タクトタイム短縮を実現

横河電機は「頂点を目指すお客様へYOKOGAWAのタクトアップソリューション」をコンセプトに、高速で高精度なコントローラFA―M3Vを用いることで実現する各種タクトアップソリューションを紹介。

装置タクトタイムの短縮(=タクトアップ)は、モータを動作させるための「準備時間」を削減することで実現。「準備時間」は装置にとっては「ムダ時間」で、この「ムダ」をいかに減らせるかが装置の生産力を上げるポイントになる。インデックステーブルなどの動作と停止を繰り返す場合、モータの準備時間には、位置決めコマンドセットアップ時間と起動時間があり、モータが停止する際にかかる整定時間はモータの性能だけでなく、位置決めコントローラの性能も影響する。このためコントローラの性能を上げるだけで装置タクトを上げることが可能になる。タクトアップ実現のためには、コントローラはCPUから手足となるI/Oまでトータルに高速であることが重要になってくる。

主な出展製品はシーケンスCPUモジュール、位置決めモジュール(多チャネルパルス出力形)、位置決めモジュール(MECHATROLINK―Ⅲ通信対応)、高速データ収集モジュール、FA―M3プログラム開発ツールWideField3など。

公式Web : http://www.yokogawa.co.jp/itc

オートメーション新聞は、1976年の発行開始以来、45年超にわたって製造業界で働く人々を応援してきたものづくり業界専門メディアです。工場や製造現場、生産設備におけるFAや自動化、ロボットや制御技術・製品のトピックスを中心に、IoTやスマートファクトリー、製造業DX等に関する情報を発信しています。新聞とPDF電子版は月3回の発行、WEBとTwitterは随時更新しています。

購読料は、法人企業向けは年間3万円(税抜)、個人向けは年間6000円(税抜)。個人プランの場合、月額500円で定期的に業界の情報を手に入れることができます。ぜひご検討ください。

オートメーション新聞/ものづくり.jp Twitterでは、最新ニュースのほか、展示会レポートや日々の取材こぼれ話などをお届けしています
>FA・自動化、デジタル化、製造業の今をお届けする ものづくり業界専門メディア「オートメーション新聞」

FA・自動化、デジタル化、製造業の今をお届けする ものづくり業界専門メディア「オートメーション新聞」

オートメーション新聞は、45年以上の歴史を持つ製造業・ものづくり業界の専門メディアです。製造業DXやデジタル化、FA・自動化、スマートファクトリーに向けた動きなど、製造業各社と市場の動きをお伝えします。年間購読は、個人向けプラン6600円、法人向けプラン3万3000円

CTR IMG