WashiON共立継器 「直流関連機器を拡販へ」 宮川昭二取締役会長

当社は、社会インフラに関連する電源切換開閉機器、高圧真空電磁接触器、直流電磁接触器、工業用端子台、各種継電器、電動車両関連機器、太陽光関連機器を製造販売しており、社会の要請に貢献している。

2014年9月期の売り上げは、過去最高の実績を上げることができた。PV(太陽光発電)システムや、鉄道車両関連を中心に、当社が従来から取り組んでいるDC(直流)電源に関連した機器で活発な引き合いがあり、売り上げに大きくつながった。

新型移動展示車「WashiON号」も、昨年は全国のお客様訪問を展開でき、電源切換開閉機器などの拡販に貢献した。

今年は、総選挙後のアベノミクス効果が産業界にさらに浸透してくれることを期待している。

15年9月期は、前期売り上げのさらなる上積みを目指している。

今期は目標達成へ営業を強化する。営業はお客様から新製品開発につながる情報を入手し、また、お客様から新規のお客様を紹介してもらえる関係を築いていく。

日本は、交流から直流社会へ向かっている。低炭素社会は直流給電システムが不可欠である。直流開閉器を長年培ってきた当社にとって、大きな追い風になってきている。

DC1000V高電圧端子台、DC1000V直流負荷開閉器、DC750Vソーラーリレー等の太陽光関連機器などの新しいDC機器群が、今後の売り上げの大きな柱になることを期待している。

「直流ならWashiON共立継器」と言われるように、引き続き努力していきたい。

オートメーション新聞は、1976年の発行開始以来、45年超にわたって製造業界で働く人々を応援してきたものづくり業界専門メディアです。工場や製造現場、生産設備におけるFAや自動化、ロボットや制御技術・製品のトピックスを中心に、IoTやスマートファクトリー、製造業DX等に関する情報を発信しています。新聞とPDF電子版は月3回の発行、WEBとTwitterは随時更新しています。

購読料は、法人企業向けは年間3万円(税抜)、個人向けは年間6000円(税抜)。個人プランの場合、月額500円で定期的に業界の情報を手に入れることができます。ぜひご検討ください。

オートメーション新聞/ものづくり.jp Twitterでは、最新ニュースのほか、展示会レポートや日々の取材こぼれ話などをお届けしています
>FA・自動化、デジタル化、製造業の今をお届けする ものづくり業界専門メディア「オートメーション新聞」

FA・自動化、デジタル化、製造業の今をお届けする ものづくり業界専門メディア「オートメーション新聞」

オートメーション新聞は、45年以上の歴史を持つ製造業・ものづくり業界の専門メディアです。製造業DXやデジタル化、FA・自動化、スマートファクトリーに向けた動きなど、製造業各社と市場の動きをお伝えします。年間購読は、個人向けプラン6600円、法人向けプラン3万3000円

CTR IMG