Check !!

サンワテクノス ロボットをテーマにセミナー開催 約120人が参加

サンワテクノスは、「サンワテクニカルセミナー21」を、東京コンべンションホール会議室で11月21日開催し、約120人が参加した。

1998年から各地で定期開催しており、今年で16年目になる。

開会の冒頭、同社の山本勢社長があいさつに立ち、「このセミナーは、製品をPRする場ではなく、旬の市場・技術の情報を聞いて仕事に役立ててもらうことを目的に開いている。今回は自動化や生産効率を上げるために導入が進んでいるロボットをテーマに選んだ。ロボットは最近、ASEANや中国などでも導入が進み、医療分野などでも活用されている。事例などを今後の参考にしていただきたい」と述べた。

セミナーでは、安川電機の鈴木健生氏が「21世紀初頭の技術・商品の展望」、デンソーウェーブの杉本憲彦氏が「デンソー生産システムの進化とロボットの活用」、安川電機の原勝明氏が「ロボットアプリケーション(適用事例)の紹介」をテーマに講演した。

鈴木氏は、日本初の全電気式多関節ロボットを開発した経歴を有しているが、日本のこれまでの産業の歴史を分析しながら「これからは多品種少量のボーダーレス生産競争の時代に入って、バイオと半導体のバイオトロニクスなどが登場してくる。技術と戦略の2つのマップが必要である」と強調した。

閉会のあいさつは、同社の田中裕之専務が行い終了した。

オートメーション新聞は、1976年の発行開始以来、45年超にわたって製造業界で働く人々を応援してきたものづくり業界専門メディアです。工場や製造現場、生産設備におけるFAや自動化、ロボットや制御技術・製品のトピックスを中心に、IoTやスマートファクトリー、製造業DX等に関する情報を発信しています。新聞とPDF電子版は月3回の発行、WEBとTwitterは随時更新しています。

購読料は、法人企業向けは年間3万円(税抜)、個人向けは年間6000円(税抜)。個人プランの場合、月額500円で定期的に業界の情報を手に入れることができます。ぜひご検討ください。

オートメーション新聞/ものづくり.jp Twitterでは、最新ニュースのほか、展示会レポートや日々の取材こぼれ話などをお届けしています
>FA・自動化、デジタル化、製造業の今をお届けする ものづくり業界専門メディア「オートメーション新聞」

FA・自動化、デジタル化、製造業の今をお届けする ものづくり業界専門メディア「オートメーション新聞」

オートメーション新聞は、45年以上の歴史を持つ製造業・ものづくり業界の専門メディアです。製造業DXやデジタル化、FA・自動化、スマートファクトリーに向けた動きなど、製造業各社と市場の動きをお伝えします。年間購読は、個人向けプラン6600円、法人向けプラン3万3000円

CTR IMG