卸売企業異業種ビジネスマッチング KEPの会員もアピール

11月19、20日の両日、OMMビル(大阪市)で開催された「卸売企業異業種ビジネスマッチング2014」(主催=大阪市)に、近畿電子部品卸商組合(KEP、岡本弘理事長)の会員企業12社1団体が電子部品関連コーナーでアピールした=写真。

同展は、大阪経済を支える卸売業の販路拡大に向けた積極的な取り組みを支援するのを目的に、13年に続いて2回目の開催となる。電子部品・管工機材・鋲螺・金属部品など、大阪で生産財を取り扱う元気な製造・卸売企業など、22の企業・団体が出展した。

異業種の来場者や出展者同士が交流することで、卸売企業の新たなビジネス展開や販路拡大、今後の企業経営の参考事例など、卸売業の活性化につなげる狙いがある。

卸売企業異業種ビジネスマッチングセミナーとして、ミカサ商事ソリューションビジネス販売部田出和夫マネージャーが「売れる仕組みを新戦略システムで築こう」をテーマに、RFID技術を利用した電子タグの活用法や、ビジネス展開に向けた講演を行った。

電子部品関連コーナーに参加したのは、近畿電子部品卸組合、岡本無線電機、ダイトエレクトロン、ニッコー電機、東亜無線電機、ミカサ商事、ニシウチ、大和無線電器、テクニカル電子、日本電化工業所、西日本セフティデンキ、コバヤシ産業、日本NCRサービス。

オートメーション新聞は、1976年の発行開始以来、45年超にわたって製造業界で働く人々を応援してきたものづくり業界専門メディアです。工場や製造現場、生産設備におけるFAや自動化、ロボットや制御技術・製品のトピックスを中心に、IoTやスマートファクトリー、製造業DX等に関する情報を発信しています。新聞とPDF電子版は月3回の発行、WEBとTwitterは随時更新しています。

購読料は、法人企業向けは年間3万円(税抜)、個人向けは年間6000円(税抜)。個人プランの場合、月額500円で定期的に業界の情報を手に入れることができます。ぜひご検討ください。

オートメーション新聞/ものづくり.jp Twitterでは、最新ニュースのほか、展示会レポートや日々の取材こぼれ話などをお届けしています
>FA・自動化、デジタル化、製造業の今をお届けする ものづくり業界専門メディア「オートメーション新聞」

FA・自動化、デジタル化、製造業の今をお届けする ものづくり業界専門メディア「オートメーション新聞」

オートメーション新聞は、45年以上の歴史を持つ製造業・ものづくり業界の専門メディアです。製造業DXやデジタル化、FA・自動化、スマートファクトリーに向けた動きなど、製造業各社と市場の動きをお伝えします。年間購読は、個人向けプラン6000円、法人向けプラン3万円から(いずれも税抜)

CTR IMG