パナソニック 放送用大型ライブスイッチャー発売 次世代への拡張性備える

パナソニックは、放送用大型ライブスイッチャー「AV―HS7300シリーズ」を12月20日から発売する。

新製品は、使いやすさと安定性で高い評価を得た従来シリーズ(AV―HS5300シリーズ)の思想を受け継ぎながら、機能や使いやすさを大幅に向上し、3G/4Kフォーマットといった次世代への拡張性も備えた、4ME/3MEタイプ。また、最大でSDI72入力、SDI42系統出力に対応、全入力にフレームシンクロナイザー、フレームディレー、カラーコレクターを、全系統出力にカラーコレクターを装備している。

さらに、ルミナンスキーやリニアキーなど充実のキーヤーとワイプ、ミックスや豊富なDVEチャンネルを搭載しており、シーンに応じた効果的な画像づくりができる。

メモリー機能はビデオメモリー、ショットメモリー、イベントメモリー、マクロメモリーを搭載し、クリエイティブな映像効果を効率的に行え、ライブでの映像制作が容易。

そのほか最大16分割、9パターンの独立した4系統マルチビューアー出力機能を標準で備えている、アニメーションワイプなどの作成が簡単、コントロールパネルはモジュラー構成を採用し、運用形態に合わせた柔軟なパネルレイアウトに対応できる、マルチセレクトパネルは視認性に優れたカラーパネルとクリック感付きスイッチにより快適な運用をサポートできる、などの特徴を持つ。

オートメーション新聞は、1976年の発行開始以来、45年超にわたって製造業界で働く人々を応援してきたものづくり業界専門メディアです。工場や製造現場、生産設備におけるFAや自動化、ロボットや制御技術・製品のトピックスを中心に、IoTやスマートファクトリー、製造業DX等に関する情報を発信しています。新聞とPDF電子版は月3回の発行、WEBとTwitterは随時更新しています。

購読料は、法人企業向けは年間3万円(税抜)、個人向けは年間6000円(税抜)。個人プランの場合、月額500円で定期的に業界の情報を手に入れることができます。ぜひご検討ください。

オートメーション新聞/ものづくり.jp Twitterでは、最新ニュースのほか、展示会レポートや日々の取材こぼれ話などをお届けしています
>FA・自動化、デジタル化、製造業の今をお届けする ものづくり業界専門メディア「オートメーション新聞」

FA・自動化、デジタル化、製造業の今をお届けする ものづくり業界専門メディア「オートメーション新聞」

オートメーション新聞は、45年以上の歴史を持つ製造業・ものづくり業界の専門メディアです。製造業DXやデジタル化、FA・自動化、スマートファクトリーに向けた動きなど、製造業各社と市場の動きをお伝えします。年間購読は、個人向けプラン6000円、法人向けプラン3万円から(いずれも税抜)

CTR IMG