GMIジャパン 本質安全防爆マルチプレクサ「D2000シリーズ」 シンプルで取り扱い用意

GMIジャパンは、計測展OSAKAに、プロセス危険場所に設置された温度センサおよび近接スイッチ・ドライ接点信号を、同じく危険場所に設置されたマルチプレクサ経由で安全場所に伝送する本質安全防爆マルチプレクサ・システムを出展した。

同製品は、シンプルかつ取り扱いが容易で、すべての入力チャンネルの信号はデジタル通信により最大5キロメートルの遠く離れた安全場所に設置されたゲートウェイまで1対または冗長化(2対)通信ライン経由で伝送できる。

また、多くのフィールドのプロセス変数を個別配線で制御室まで長距離配線することが不要。危険場所の温度または近接・接点入力信号を危険場所に設置された本質安全防爆マルチプレクサに短く配線し、そこからデジタル通信線でゲートウェイまで伝送できることで、ケーブル配線敷設コストなどの削減、制御室における配線が非常にシンプル化、盤内スペースの削減などの効果が生まれる。

1つのシステム構成で最大256アナログ入力(熱電対・測温抵抗体・mV信号)と最大128デジタル入力(接点/近接スイッチ)まで対応。入力点数は最大7936点。

公式Web : http://www.gmijapan.co.jp/

オートメーション新聞は、1976年の発行開始以来、45年超にわたって製造業界で働く人々を応援してきたものづくり業界専門メディアです。工場や製造現場、生産設備におけるFAや自動化、ロボットや制御技術・製品のトピックスを中心に、IoTやスマートファクトリー、製造業DX等に関する情報を発信しています。新聞とPDF電子版は月3回の発行、WEBとTwitterは随時更新しています。

購読料は、法人企業向けは年間3万円(税抜)、個人向けは年間6000円(税抜)。個人プランの場合、月額500円で定期的に業界の情報を手に入れることができます。ぜひご検討ください。

オートメーション新聞/ものづくり.jp Twitterでは、最新ニュースのほか、展示会レポートや日々の取材こぼれ話などをお届けしています
>FA・自動化、デジタル化、製造業の今をお届けする ものづくり業界専門メディア「オートメーション新聞」

FA・自動化、デジタル化、製造業の今をお届けする ものづくり業界専門メディア「オートメーション新聞」

オートメーション新聞は、45年以上の歴史を持つ製造業・ものづくり業界の専門メディアです。製造業DXやデジタル化、FA・自動化、スマートファクトリーに向けた動きなど、製造業各社と市場の動きをお伝えします。年間購読は、個人向けプラン6600円、法人向けプラン3万3000円

CTR IMG