アズビル 現場支援するソリューションを提案 「見える化から、その先へ」テーマに

2014年11月19日

アズビルは、計測展OSAKAで「見える化から、その先へ」をテーマに、見える化したデータを顧客とともに価値ある情報に変えることにより、製造現場に関わる様々な部門の人を支援するソリューションを提案する。製造現場に蓄積されている「データ」を最大限活用するための手段と、解決策を生み出す「人」の力を、生産現場を模したブースで展示。 PAでは、見える化による気づきと操業支援(HCIコンセプトとオペレータ支援ツール)、見える化データによる品質・安全向上(プロセス情報、イベント情報、配線情報)、設備管理・診断(マルチベンダー機器診断、回転機振動監視、設備異常検知)、調節弁の最適運用サポート(調節弁診断システム…