GEインテリジェント・プラットフォームズ 「Proficy Csenceセミナー」開催

GEインテリジェント・プラットフォームス(GEIP、東京都港区赤坂5―2―20、TEL03―5544―3980)は、「Proficy
CSenceセミナー」を11日開催、約60人が参加した=写真。

Proficy
CSenceは、インダストリアル・インターネット実現のための多変量解析ツールで、高度な統計分析を手軽に行え、複数のプロセス値の関連性を導きだして、特定のプロセス値の推移が予測できるソフトウェア。

高速な処理能力を持つインダストリアル・データベース「Proficy
Historian」と組み合わせることで、リアルタイムで計測される大量のフィールド・データに対しても、統計解析を適用して容易に活用できる。また、その結果をHMI/SCADAの画面上で表示させたり、PLCなどコントローラによる制御パラメータの変更に役立てたりすることで、生産性および品質の向上や、迅速な予防保守に貢献する。

セミナーでは、同社の橿渕祐介、松永雅彦、長生俊矢の各氏が説明した。

また、楽天エネルギー事業長の菅原雄一郎氏が導入事例を紹介し、有効性を示した。

オートメーション新聞は、1976年の発行開始以来、45年超にわたって製造業界で働く人々を応援してきたものづくり業界専門メディアです。工場や製造現場、生産設備におけるFAや自動化、ロボットや制御技術・製品のトピックスを中心に、IoTやスマートファクトリー、製造業DX等に関する情報を発信しています。新聞とPDF電子版は月3回の発行、WEBとTwitterは随時更新しています。

購読料は、法人企業向けは年間3万円(税抜)、個人向けは年間6000円(税抜)。個人プランの場合、月額500円で定期的に業界の情報を手に入れることができます。ぜひご検討ください。

オートメーション新聞/ものづくり.jp Twitterでは、最新ニュースのほか、展示会レポートや日々の取材こぼれ話などをお届けしています
>FA・自動化、デジタル化、製造業の今をお届けする ものづくり業界専門メディア「オートメーション新聞」

FA・自動化、デジタル化、製造業の今をお届けする ものづくり業界専門メディア「オートメーション新聞」

オートメーション新聞は、45年以上の歴史を持つ製造業・ものづくり業界の専門メディアです。製造業DXやデジタル化、FA・自動化、スマートファクトリーに向けた動きなど、製造業各社と市場の動きをお伝えします。年間購読は、個人向けプラン6000円、法人向けプラン3万円から(いずれも税抜)

CTR IMG