明和eテック データ集約・整理システム発売 正王子の情報を1台に

【名古屋】明和eテック(愛知県豊田市西新町7―23―1、TEL0565―37―1800、河原文雄社長)は、製造設備のデータをサンプリングし、品質向上に役立てられるデータ集約・整理システム「データ・ステーション・コントローラ
DSC
Plus」=写真=を発売した。

これは、製造時の様々な情報を1台に集約するもの。製造品に付与されたシリアルナンバーごとに、製造品全数のデータを管理できる。

例えば射出成型機の場合、射出速度、射出ストローク、ヘッド圧力、金型真空圧などの細かい情報を分かりやすく表示できる。アナログ信号を直接配線することも可能で、アナログデータを1000分の1秒単位で高速収集し、ち密なデータ解析が行える。

外部出力に対応、上下限値の設定により、製品の良否判定が可能で、設定値を外れた場合は設備へ停止信号を出力する。

その他、(1)専用ソフトウエアで簡単設定(2)24時間連続稼働が可能(3)設備電源に直結可能―などの特徴がある。

NTTデータGSL

関連記事

お知らせ

工場・設備投資

人事

市況・マーケット

ページ上部へ戻る