石油化学産業の競争力強化 経産省、設備集約や事業再編求める 

2014年11月12日

経済産業省は、石油化学産業の市場構造の変革を求める調査報告書をまとめた。報告書では、国内人口減や北米の安価シェールガスを使った製品の流入などで、日本石油化学産業の将来が厳しくなり、設備の集約や事業の再編が必要になるとして、取り組みを求めている。PA(プロセスオートメーション)機器や、FA機器の大きな需要先である石油化学産業のこうした動きは、今後の電気制御機器や計測機器市場にも大きな影響が及んでくる。 石油化学産業は、シェールガスの流入や中国の石炭化学の増産などで今後の市場先行きへの厳しさが増している。 経産省では、こうした動向から、国内のエチレンセンターのコスト競争力向上のために、ハード面では…