アズビル 社会福祉団体などへ今年度は457万円を支援

2014年10月29日

アズビルをはじめとするazbilグループの有志社員は、社会貢献を行う任意団体「azbilみつばち倶楽部」を通じて社会福祉団体などへの支援を行っているが、今年度は総額457万円の支援を順次開始する。

今回の支援先は、社会福祉(14団体)、教育・生涯学習関連(5団体)、被災地支援関連(3団体)、健康医学関連(2団体)、環境関連(1団体)、スポーツ(1団体)、防災まちづくり関連(2団体)、史跡・伝統文化保全関連(1団体)、学術・研究関連(1団体)の計30団体。支援先には障がい者への自立支援を行っている団体、東日本大震災被災者を応援するため現地でボランティア活動を行っている団体、小学生に対する人材育成教育を行っている団体などもある。

同社の社員が活動に参加している団体には、azbilみつばち〓楽部支援金に加え、アズビルからもそれと同額を提供するマッチングギフトによる支援も行う予定で、支援金は1団体あたりでは3万~20万円。

2010年度にスタートした同〓楽部は今年度が発足から4年目にあたり、会員数は1163人となっている。これまでの累計支援結果は、支援件数143件、総額2121万4000円となっている。