アルゴシステム Intel製プロセッサ採用オールインワンコントローラ IoTテクノロジーに対応

2014年10月8日

アルゴシステム(http://www.algosystem.co.jp/)は、Intelの最新マルチコアプロセッサを採用することで、マルチコアにリアルタイムOSとWindowsを共存させる低価格・高性能なIoTテクノロジー対応のオールインワンコントローラを開発した。高性能FAコンピュータベースで、従来「FAPC」「PLC」「表示器」「モーションコントローラ」「画像処理装置」が必要だったのを1台でコンパクトに集約できる。

オールインワンコントローラはIoTに対応し、遠隔でのモニタリング、制御にも最適。インターフェースとしてEtherCATに対応することで、既設機器との接続も高速かつスムーズに実現できる。シャットダウンなしでの電源オフ、冷却用ファンやHDDなどの駆動部がないため、長期安定稼働が可能な完全スピンドルレス構造など、信頼性が求められる現場に適している。

10月15日から東京ビッグサイトで開催される「IoT JAPAN 2014」のIntelブース内でも、「Algosystem All in one IPC」として展示を行う。

今後、アルゴシステムはIntel製のアーキテクチャを積極的に採用することにより、高度で完成度の高いIoT対応品を幅広い製品として市場に展開する。