横河メータ&インスツルメンツ 光ファイバ試験器発売 スマホ並みの操作感覚

横河メータ&インスツルメンツ(東京都立川市栄町6―1―3、TEL0120―137―046、金子洋社長)は、光ファイバ試験器「AQ7280
OTDRシリーズ」を9月29日から販売開始する。販売価格は72万円から。

2014年度2500台、15年度5000台の販売を見込む。

新製品は、光ファイバの長さや損失の測定、光ファイバの障害箇所の特定に使用でき、都市間通信の基幹系からアクセス系までの敷設工事や保守作業に幅広く対応できる同社のハイエンド機種AQ7275OTDRシリーズの後継機種。

今回、マルチタッチが可能な業界最大クラス8・4インチの静電容量式のタッチパネルを採用し、スマートフォンなどの情報端末のような感覚で直感的に操作を行えるようにした。複数のポイントを同時にタッチして表示データの移動や表示サイズの変更ができるほか、従来製品で好評を得ているデザインを踏襲した操作キーも装備しており、作業条件に応じて、タッチパネルか操作キーかを選択することが可能。

さらに、長距離測定ニーズに対応する業界最高クラス50デジベルのダイナミックレンジのモデルや、最大4種類の異なる波長を1台で測定できるモデルなど、9タイプをラインアップしている。

そのほか、操作部を含む本体に測定ユニットを装着する構造にして拡張性を高めている。9月末までにCEマークを取得する予定。

オートメーション新聞は、1976年の発行開始以来、45年超にわたって製造業界で働く人々を応援してきたものづくり業界専門メディアです。工場や製造現場、生産設備におけるFAや自動化、ロボットや制御技術・製品のトピックスを中心に、IoTやスマートファクトリー、製造業DX等に関する情報を発信しています。新聞とPDF電子版は月3回の発行、WEBとTwitterは随時更新しています。

購読料は、法人企業向けは年間3万円(税抜)、個人向けは年間6000円(税抜)。個人プランの場合、月額500円で定期的に業界の情報を手に入れることができます。ぜひご検討ください。

オートメーション新聞/ものづくり.jp Twitterでは、最新ニュースのほか、展示会レポートや日々の取材こぼれ話などをお届けしています
>FA・自動化、デジタル化、製造業の今をお届けする ものづくり業界専門メディア「オートメーション新聞」

FA・自動化、デジタル化、製造業の今をお届けする ものづくり業界専門メディア「オートメーション新聞」

オートメーション新聞は、45年以上の歴史を持つ製造業・ものづくり業界の専門メディアです。製造業DXやデジタル化、FA・自動化、スマートファクトリーに向けた動きなど、製造業各社と市場の動きをお伝えします。年間購読は、個人向けプラン6000円、法人向けプラン3万円から(いずれも税抜)

CTR IMG