日東工業 太陽光発電システム関連の新製品発売 接続箱、直流/交流集電箱、パワコン収納箱など

【名古屋】日東工業は、太陽光発電システム関連新製品として、接続箱、直流集電箱、交流集電箱、パワコン収納箱などを発売した。

最大入力電圧DC1000V対応の接続箱「PVTシリーズ」は、高圧太陽光発電システムに対応、最適な放熱構造とコンパクト設計により省スペース・軽量化を実現している。業界最小サイズのDC1000V仕様直流開閉器を搭載、入力側開閉器により入力回路ごとに開閉が行える。逆流防止対策として信頼性の高いダイオード式を採用。背面取付金具付きと背面取付金具なしのタイプがある。

最大入力電圧DC1000V対応の直流集電箱「PVDシリーズ」は、高圧太陽光発電システムに対応、アレイごとの出力を直流で集電する。屋外自立用キャビネット(屋根付き)で防塵・防水性能はIP54。ステンレス製への組み替えも対応可能。入力側遮断器は太陽電池アレイ(接続箱)ごとの断路が行える。交流集電箱「PVAシリーズ」は、三相10kWパワーコンディショナ用。各パワーコンディショナからの交流出力を集電し、系統へ逆潮流させるための交流集電箱になっている。出力側遮断器の漏電ブレーカへの組み替えや、ステンレス製キャビネットへの組み替えも可能。

盤内に引込計器スペース付きタイプを設けた交流集電箱も用意している。三相10kWパワーコンディショナ用で、入力側遮断器のサーキットブレーカへの組み替えも可能。その他、絶縁トランス・引込計器スペース付きタイプ、電力計測ユニット付きタイプもある。

パワコン収納箱は気密性が高く、雨水・粉塵から内部機器を保護するエアコン冷却可能な大型パワーコンディショナ収納用キャビネット。パワーコンディショナ取付台、エアコンの室内機取付板・配管口、電源盤(保守用コンセント付き)、照明を標準装備。100kW用、250kW用、500kW用を用意。

関連記事

Our Partners

工場・設備投資

人事

市況・マーケット

Our Partners

ページ上部へ戻る