東海EC 太陽光発電用の遠隔監視システム廉価版を出荷

【名古屋】東海EC(名古屋市瑞穂区瑞穂通5―26、TEL052―841―8111、石井元博社長)は、太陽光発電用の低圧連系専用遠隔監視システム「Mill―Sill Moniter【Mini】」の販売を開始した。10月中旬から出荷予定。

新製品は、「Mill―Sill Moniterシリーズ」の廉価版で、低圧連系10―50kW専用パッケージ。このシリーズ共通のASPサービスで、Web上でパワコン状態や発電電力の状況を把握できる。

パワコン(最大12台)の状況を直接通信で監視し、モバイル経由で運転状況、システム発電電力、発電電力量をデータセンターに記録する。

システムに異常が発生すると、設定されたメールアドレス(施主・保守担当者など)へ警報メールを送る機能により、迅速な修理対応が可能となり、売電損失を未然に防ぐことに役立つ。

また、定期メール(1日3回まで)により、設定されたメールアドレスへ、太陽光発電システムの状況を送信できる。

Web上のダッシュボード画面では、太陽光発電システムの状況とパワコン(全正常/異常有、全運転中/停止有)状態を表示、グラフではシステム発電電力kWやシステム発電電力量kWhの確認が行える。

その他、(1)直射日光が当たらなければ屋外設置が可能(2)雷対策としてサージアブソーバを標準装備(3)寒冷地用にオプションでヒータを用意(4)工場出荷設定により、現地調整が不要、などの特徴がある。

関連記事

Our Partners

工場・設備投資

人事

市況・マーケット

Our Partners

ページ上部へ戻る