横河電機 「共焦点画像一細胞創薬支援システム」がJSTの実用化開発事業に

横河電機が開発に取り組んでいる「共焦点画像一細胞創薬支援システム」が、科学技術振興機構(JST)の産学共同実用化開発事業(NexTEP)に採択された。

NexTEPは、企業による大学や公的研究機関の研究成果に基づくシーズ(特許等)の実用化開発を支援する制度。

「共焦点画像一細胞創薬支援システム」は、理化学研究所生命システム研究センターの一細胞質量分析研究チームによる「一細胞質量分析法」と、同社の共焦点スキャナ、および創薬支援装置に搭載されている高速画像取得、および高精度位置決め技術を融合させ、新たな創薬支援システムを開発するもの。

「共焦点画像一細胞創薬支援システム」は、新薬候補となる薬物の分子がどの細胞にどのような経路で到達し、どう変化するかを把握するシステム。

「一細胞質量分析法」は、顕微鏡で細胞を観察しながら目的の細胞内の分子を吸い出し、高速かつ高精度に分析する新しい手法。

今回の開発課題では、特異的な変化を発現した細胞や分子を自動的かつ高速に見つけ出し、細胞内の分子を自動的に捕らえる装置を開発することで、解析の一層の高速化および低コスト化を図れる。

関連記事

Our Partners

工場・設備投資

人事

市況・マーケット

Our Partners

ページ上部へ戻る