フエニックス・コンタクト 3段階状態表示・接点付きSPD「PT-IQシリーズ」 プッシュイン接続式揃える

2014年8月20日

フエニックス・コンタクトの3段階状態表示・リモート状態表示接点付きSPD(サージ保護機器)「PT―IQシリーズ」は、計測・制御信号回路、データ通信回路に用いて雷などによる過電圧から機器を保護する。

従来、信号回路用、通信用のSPDでは保護素子の劣化・故障時の状態表示や接点出力がないタイプが主流であるが、無人で運用される設備などでの機器監視のニーズが高まっている。PT―IQシリーズでは、素子の故障時に加えて交換時期についても表示・接点信号出力して対応している。このような用途向けSPDでは信号線・通信線の配線数が多いことに加えて、状態表示・接点とこれらを駆動する電源の配線が加わると配線作業が煩雑になるが、PT―IQでは表示・接点とその電源の接続に専用コネクタを用い、また保護される信号線・通信線についても工具を使わず挿し込むだけで配線が可能なプッシュイン接続式の製品をラインアップして作業の省力化に貢献する。

2012年にドイツで製品をリリース以来、ラインアップを拡充しており、今年4月には状態表示付きの製品としては、業界初となる本質安全防爆回路用の製品も追加している。
(http://www.phoenixcontact.co.jp)