深刻化する落雷被害 対策機器の需要急増 太陽光発電向けも大きな市場に成長

2014年8月20日

ここ数年、地球温暖化などの進展もあり、落雷が増える傾向にある。落雷による電子機器への被害も増加しており、社会問題化している。雷は、雷が直撃する直撃雷と、直撃雷の誘導電流による誘導雷があり、誘導雷は建物の通信設備、電子機器に電圧異常などの大きな被害を与える。特に、電子機器は雷の電流に敏感なことから影響を受けやすく、対策が進められている。すでに、屋外に設置される配電盤やキュービクルなどは、雷などから守る機器やシステムが多数開発されているが、最近設置が増えているPV(太陽光発電)設備や風力発電設備なども、落雷による被害が増加しており、各種の雷害対策機器が採用されている。 落雷による被害は年々拡大して…