光洋電子工業 8型モデルのパネルコンピュータ「NXーBシリーズ」発売 TFTカラーで高視認性

光洋電子工業(東京都小平市天神町4―9―1、TEL042―341―3111、牟田明康社長)は、パネルコンピュータに8型モデルの「NX―Bシリーズ」を発売した。

新製品は、CPUにはIntel Atomプロセッサを採用、駆動部品の見直しを行うとともに、LED式バックライトの採用やきめ細かな輝度調整機能などを備えることで、機械装置の消費電力低減に貢献する省エネ設計となっている。

表示画面素子はTFTカラー液晶を採用しており、上下左右各85度の斜め方向から見ても、色やコントラストをほとんど損なわないため、1台を多人数で共用する環境や、高所・管理室など角度のある場所からの確認作業でも高い視認性を発揮する。

また、搭載OSはパソコンやモバイル機器でも広く利用されているWindowsのため、使い慣れた操作感覚と直感的に理解できる分かりやすい標準プラットフォームの構築により、機械装置の操作習熟期間短縮にもつながる。

さらに、設計・製造とも国内で行うことで、高品質・高性能・高信頼性を徹底的に重視している。

取り付け方法は、機械装置の背面から組み込む「オープンフレームタイプ」と、前面から埋め込む「ベゼルタイプ」の2種類を用意している。

オープンフレームタイプは、強固なフレームを採用しておりユニットケースが不要で、幅広い機械装置に対応でき、機械装置の取り付け面とパネルコンピュータの画面を面一にすることで、油などの浸入に強く、清掃も簡単。

ベゼルタイプは、高品質なブラックベゼルで、前面埋め込みのため取り付けが簡単に行え、機械装置の外観がグッと引き締まる。しかも耐久性の高いパッキンを介して装着することで、粉塵や汚れ・水などの浸入も確実に防げる。

オートメーション新聞は、1976年の発行開始以来、45年超にわたって製造業界で働く人々を応援してきたものづくり業界専門メディアです。工場や製造現場、生産設備におけるFAや自動化、ロボットや制御技術・製品のトピックスを中心に、IoTやスマートファクトリー、製造業DX等に関する情報を発信しています。新聞とPDF電子版は月3回の発行、WEBとTwitterは随時更新しています。

購読料は、法人企業向けは年間3万円(税抜)、個人向けは年間6000円(税抜)。個人プランの場合、月額500円で定期的に業界の情報を手に入れることができます。ぜひご検討ください。

オートメーション新聞/ものづくり.jp Twitterでは、最新ニュースのほか、展示会レポートや日々の取材こぼれ話などをお届けしています
>FA・自動化、デジタル化、製造業の今をお届けする ものづくり業界専門メディア「オートメーション新聞」

FA・自動化、デジタル化、製造業の今をお届けする ものづくり業界専門メディア「オートメーション新聞」

オートメーション新聞は、45年以上の歴史を持つ製造業・ものづくり業界の専門メディアです。製造業DXやデジタル化、FA・自動化、スマートファクトリーに向けた動きなど、製造業各社と市場の動きをお伝えします。年間購読は、個人向けプラン6000円、法人向けプラン3万円から(いずれも税抜)

CTR IMG