NO IMAGE

デジタル ゲートウェイ端末「マルチ・データボックス」発売 生産データを収集・共有

デジタル(大阪市中央区北浜4―4―9、TEL06―6208―3133、安村義彦社長)は、生産現場で稼働する装置のデータを収集・共有することで、生産情報が有効活用できるゲートウェイ端末「マルチ・データボックス」を発売した。DIOモデルとアナログモデルで4機種あり、標準価格は4万5300円から。従来、生産現場に設置された異なる装置や、生産現場とオフィスとの間でデータをやり取りするには、大規模システムの導入や設備の刷新が必要だった。マルチ・データボックスは、生産現場の制御機器と接続しデータを収集。USBやEthernetを使いオフィスPCへのデータ転送が可能で、大きなコストや手間をかけずに、生産現場のデータを活用し生産効率を改善できる。

Ethernetポートとシリアルポートを標準装備。PLCや温度調節器、インバータなど各種制御機器とプログラムレスでつながるドライバーを使用。既存ラインの制御プログラムを改変することなく、生産データの収集が可能。

デジタルI/O(最大30点)、アナログI/O(最大6点)を標準装備。各種I/Oと直接接続でき、CANopen経由でリモートデバイスとも接続が可能である。

同社のデータマネジメントソフトウェア「Pro―Server
EX」と組み合わせて使用することで、オフィスと現場でリアルタイムにデータ共有でき、生産日報の作成や不具合要因解析ができる。さらに、USB接続オプション「EZシリーズ」に対応。USB経由でスイッチやランプなどのインターフェイスが追加できる。DINレール取り付けに対応。特別な工具を使わずに装置に取り付けできる。

NO IMAGE
最新情報をチェックしよう!
>お試し版PDF無料プレゼント!オートメーション新聞&産業用ロボットナビ、IoTナビほか

お試し版PDF無料プレゼント!オートメーション新聞&産業用ロボットナビ、IoTナビほか

オートメーション新聞をはじめ、弊社が発行している産業用ロボットナビ、IoTナビ、制御盤ナビほか、お試し版のPDFを無料で差し上げます。ご希望の方は下記よりお問い合わせください

CTR IMG