electronica & productronica China2015 中国へのビジネス展開へ 出店者募集

アジア最大のFA市場である中国は近年、人件費の高騰や産業構造の改革に伴い、大手から中小製造業へと自動化投資が拡大しつつあります。この中国をFA台頭期から支えてきた国際電子部品・製造機器専門見本市「electronica&productronica
China2015」が、来年3月17日~19日に上海で開催されます。

同展で日本企業・製品を集中展示する「ジャパンパビリオン」は、過去8年連続して設営し、中国市場において、日本製品の開拓・普及に貢献してきましたが、来年も第9回の開催を企画、出展社募集を開始しました。中国でのビジネス展開へ、「ジャパンパビリオン」への出展をお勧めします。

【ジャパンパビリオン概要】

■出展展示会=「electronica
China2015」(主催:メッセ・ミュンヘン・インターナショナル)会場内独立ブース

■開催日=2015年3月17日(火)~19日(木)

■会場=中国・上海新国際見本市会場

■主な出展製品=半導体、各種制御機器、受動部品、モーター・システム、温調器、アセンブリ・サブシステム、ディスプレイ機器、パワーサプライ、材料加工、部品製造、回路基板製造、ケーブル加工、物流管理・装置、検査・測定装置、各種オペレーティング機器、製造サブシステム等

■企画運営=オートメ新聞株式会社/株式会社FAナビ

【問い合わせ先】FAナビ
ジャパンパビリオン係、TEL03―6699―3241、またはinfo@fa‐navi,jp

オートメーション新聞は、1976年の発行開始以来、45年超にわたって製造業界で働く人々を応援してきたものづくり業界専門メディアです。工場や製造現場、生産設備におけるFAや自動化、ロボットや制御技術・製品のトピックスを中心に、IoTやスマートファクトリー、製造業DX等に関する情報を発信しています。新聞とPDF電子版は月3回の発行、WEBとTwitterは随時更新しています。

購読料は、法人企業向けは年間3万円(税抜)、個人向けは年間6000円(税抜)。個人プランの場合、月額500円で定期的に業界の情報を手に入れることができます。ぜひご検討ください。

オートメーション新聞/ものづくり.jp Twitterでは、最新ニュースのほか、展示会レポートや日々の取材こぼれ話などをお届けしています
>FA・自動化、デジタル化、製造業の今をお届けする ものづくり業界専門メディア「オートメーション新聞」

FA・自動化、デジタル化、製造業の今をお届けする ものづくり業界専門メディア「オートメーション新聞」

オートメーション新聞は、45年以上の歴史を持つ製造業・ものづくり業界の専門メディアです。製造業DXやデジタル化、FA・自動化、スマートファクトリーに向けた動きなど、製造業各社と市場の動きをお伝えします。年間購読は、個人向けプラン6000円、法人向けプラン3万円から(いずれも税抜)

CTR IMG