オムロン セーフティーコントロールユニット「NXシリーズ」 安全制御の統合を実現

オムロンは、マシンオートメーションコントローラNJシリーズを核に、機械全体の制御をひとつのコントローラで実現するSysmacプラットフォームに、安全制御を担うセーフティコントロールユニットNXシリーズが加わり、シーケンス、モーションに安全制御の統合を実現した。

セーフティコントロールユニットは、Safety
over
EtherCATプロトコルを搭載しており、入力機器から出力機器までひとつのネットワークEtherCATでつながる。またIEC61131―3に準拠した共通ソフトウェアSysmac
Studioで安全機能をプログラミング可能。

セーフティ入力ユニットには生産機械の危険エリアへの作業者の侵入を検知するセーフティセンサやセーフティスイッチを、セーフティ出力ユニットには安全機能を搭載したサーボ機器などを、それぞれ直接接続可能。

安全機器の選定や接続性評価にかかる工数を削減できる。さらに、入力~制御~出力の安全機器を同社製品に統一することで、パフォーマンスレベルの確認も容易になり、安全設計の工数削減に貢献する。
(http://www.fa.omron.co.jp)

関連記事

Our Partners

工場・設備投資

人事

市況・マーケット

Our Partners

ページ上部へ戻る